検索
  • 楠本未来

Musizier Stunde 音楽の時間 楠本未来門下コンサート♬


2016年3月13日(日曜日)自泉会館(岸和田)にて『Musizier Stunde 音楽の時間』と題して第1回楠本未来門下コンサートを行いました󾠔

時間に余裕を持って企画をしなかったためと、和歌山からの生徒もいたので、大阪市内からは遠い場所になりました。

ホールを抑えて、プログラム、プログラムノートを作るまで生徒たちが分担して行いました。まるでドイツにいるような素敵な空間は、緊張していた生徒たちを、心から歌いたいという気持ちにさせてくれたように思います。私もモーツァルトの三重唱を6曲とメンデルスゾーンの二重唱を1曲を生徒たちと共演しました。本番に向けての不安な気持ちをどう乗り越えるか…

そしてその気持ちを抱えながら、真摯に自分自身と歌に向き合う姿に、私も寄り添い応えたいと思う1日でした。

私が一番嬉しかったのは、全員が音楽を丁寧に、お客様に誠実な歌を歌った事でした。今回、門下発表会ではありましたが、全員で一つのコンサートとして取り組みました。重唱をしたり、オペラは素敵な場所で気分良く歌えるように、演出を本番当日に入れたりしながら、みんなで音楽の時間を楽しみました。最後に一人一人を紹介して私との出逢いや、今までのエピソードなども話しているうちに、誰も想像してなかったのですが、何故か感動的な展開に󾀼(卒業式じゃなかったのですが…笑)

最後に門下生達が、日頃の感謝を込めてと花束をサプライズで用意してくれていました󾠨思いもよらなかったので、その気持ちが本当に本当に嬉しかったです。

最年長の人がしっかり挨拶、最年少の子が可愛い笑顔で渡してくれました。企画を協力して行うこと、重唱で共演することを通して、生徒たち同士がお互いを思いやる、一緒に頑張ろうと思う気持ちを持てた事も、今回の大きな収穫だったと思います。

ふと、ドイツの師匠が門下発表会の時お客様にスピーチされた事を思い出しました。

「今日はみんなで一つのコンサートをします。色んな年齢の人がいます。技術の進み具合もそれぞれです。しかし私達は、お互いを批評する気持ちを持つのではなく、互いにリスペクトを持って取り組んでいます。どうか温かい気持ちで舞台を見守ってください。」

尊敬する師匠が、はっきり言い切ったその言葉に、何か安心感を覚えたと同時に、この人だけは絶対に誤魔化せないという気持ちがしました。

下手なのは仕方ないとして、本気で身を投げ出してでも歌わないと見捨てられるような…。(思い込みだったかもしれないけど)

音楽家同士、お互いにリスペクトを持ってという気持ちを私も伝えていきたいと思います。

さて、舞台経験を詰める機会を出来るだけ作りながら、日々のレッスンを一歩一歩頑張りましょう!

次回は事後報告ではなく、お客様に来ていただきやすい場所でのコンサートを企画して、御招待させて頂きたいと思います󾠔

私も春休みのうちに、アディーナの譜読み、本腰入れて頑張ります󾔂✨


0回の閲覧